東京都大田区の共同住宅の外構です。
エントランスの出入り口から道路まで、20m近くあるアプローチを
前庭として設えるため色々な工夫をしました。

まず道路からアポローチする正面に壁をたて、園路の方向を
変えることにより、奥行きを感じるよう計画しました。

東京都の安全条例の関係で、道路までの避難通路幅を4mとする
必要があり、その部分には樹木を植えることができないので、
舗石と高さのない地被植物の種類や色を組み合わせています。

例えば舗石の材料の大部分は白の御影石ですが、曲がりの
コーナー等にはノミで加工した白河石を使いアクセントとしています。
地被は濃い緑のタマリュウと黄緑色のフッキ草をエリアごとに
植え分けて、舗石とあわせ平面的に変化と統一のあるデザインと
しました。